Uncategorized

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた 第五話 あらすじ

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた 第五話 あらすじ

この三日、田中は風邪で会社を休んでいた。

忙しい時期に三日も。。

沢村がさぞ怒っているだろうなと田中は考えていた。。

・・その時インターホンが鳴った。

だれだろう。彼女とは喧嘩中だった。

熱でだるい身体を引きずってドアを開けると、スーパーの袋を下げた沢村が立っていた。

どうやら田中を心配してきてくれたようである。

部屋の中を見渡してため息をつく沢村。

ろくなものを食べた形跡のない田中の為に、おかゆを作り始める沢村。

沢村に起こしてもらい熱々のおかゆを食べさせてもらう。

美味しすぎて驚く田中。

そんな田中を母親のような愛情あふれる表情で見守る沢村。

お腹が満たされ、心も潤った田中は沢村に溜まった性欲も発散させてもらうことに。

終始母親のように優しい表情で田中の希望に沿う沢村。

田中の心はいつしか温かいものに包まれていたのだった。。